新卒一年目だとそこまでお給料が高いわけでもなく、何かと生活費に困りました。

22歳

勤続1年

調達金額 90,000

名前
s.h
月額給与
18万円
希望金額
100,000円
業種
サービス業
地域
東京
上場・非上場
上場
新卒一年目として働いています。今回は私が給料ファクタリングでお金の資金繰りを改善した方法についてご紹介させて頂きます。よろしくお願いいたします。

私は大学を卒業してすぐにサービス業界の上場企業にて勤務しておりますが、新卒一年目だとそこまでお給料が高いわけでもなく、何かと生活費に困りました。特に東京に出てきてからというもので家賃が思うよりも高かったり、物価そのものが高めだったりして、実家暮らしの時とは資金繰りのシミュレーションが全然違いました。しかし、生きていくにはお金も必要ですし、仕事の関係で付き合いなどもあるため、お金を借りなくてはいけないことになってしまいました。

自分の将来への投資なのでお金を借りることは怖くはありませんでしたが、そもそも審査に通過できませんでした。

なぜなら勤続年数がまだ1年ということで非常に短いからです。このあたりはよく分かったのですが、お金を借りる以外に資金調達をする方法がないかと思い色々探してみたところ、給与ファクタリングというサービスがあることがわかりました。

そこで私は一つの給料ファクタリング会社に申し込みをしてみました。すると、普通に審査落ちになってしまいました。なぜかと思ったら、普通に勤続年数が足りず、この状況だと給料ファクタリングをすることはできないということでした。しかし私が勤めている会社はありがたいことに規模の大きい企業なので、チャンスはあると思い他の会社をあたってみることにしたんです。

その時に参考にしたのが給料ファクタリングの比較検討サイトです。最近は比較検討サイトを見ながら買い物をすることも増えていたので、給料ファクタリングの比較検討サイトも使ってみようと思いました。すると、サイトに掲載されていた給料ファクタリング会社の中に新卒でもOKというところがあり、こちらに申し込んでみたところすんなりと審査に通過することができました。やはり勤務先の規模が大きめだということでプラスに働いたみたいです。結果的に私は予算の厳しい月を乗り切ることができ、今では普通に資金繰りも安定して生活することができています。

勤続年数が短いとカードローンやキャッシングの審査にも通過することができないのですが、給料ファクタリングであればチャンスがあるケースもあります。ぜひ、私のように新卒でお金に困っている人は給料ファクタリングというサービスを利用してみてください。