ブラックリスト入りした私が給料ファクタリングを使った結果

23歳

勤続5年

調達金額 210,000

名前
r.s
月額給与
23万円
希望金額
230,000円
業種
飲食業
地域
東京
上場・非上場
非上場
高校卒業してから職を転々としていましたが、今は飲食の業界で落ち着いて働いています。ただ昔いろいろお金で失敗した事があって、キャッシングとかカードローンは全然使えないですし、クレジットカードの審査もほとんど審査に通過できないような状況です。でもそんな私でも給料ファクタリングでお金のピンチを乗り越えることができたので、今回はその体験談をお話ししていきたいと思います。

昔からお金の計算があまり得意なほうではなくてその日暮らし的なノリでやってきていたのもあるのですが、実は先月、家賃が足りずに強制退去になりそうな感じになってしまいました。

強制退去になると次の家でも入居審査に通るかどうかも分かりませんし、そもそもすぐ家がなくなってしまうのでかなり困ったのですが、給料ファクタリングでなんとかピンチを乗り越えました。

というのも私は元々キャッシングやカードローンの申し込みができないことはわかっていたので、会社に前給の支払いをお願いしてみたんです。すると前給の支払いは受け付けることができないけど、給料ファクタリングというサービスがあるからそれについては使ってみてもいいんじゃない?とりあえず会社の人間としてはこの話はしなかったことにしておくけど、よく考えて結論を出してみて!と言われたので、これはヒントをもらったんだと思って給料ファクタリングに申し込んでみたんです。

すると普通に2件目までは給与ファクタリングの審査に通ることができませんでした・・・。なんか給与ファクタリングの会社によっては飲食業界はNGとなっているケースもあるみたいで、私の場合は勤め先が飲食業なのでそれだけで審査NGとされてしまいました。

しかし、給料ファクタリングの比較検討サイトや体験談をよく調べてみてみたところ、会社によっては飲食業業界の給料ファクタリングに対応しているケースもあるみたいで、私はそのサイトに載っていた飲食OKの給料ファクタリング会社に申し込みをしてみました。それと、今回申し込んでみたのはお給料の全額23万円だったんですが、最終的に21万円を給料ファクタリングでゲットすることができました!!!

これだけのお金があれば家賃も普通に滞納を全て払うことができますし、管理会社にももうペコペコする必要はなかったので、気持ち的にはすごく楽になりましたよ。生活費とかは何とか枠が5万円だけ残っているクレジットカードを使ってやりくりすれば全然行けたので、とても給与ファクタリング会社には助けられました。