海外でのセミナー講演に参加したいが諸々の費用が…

46歳

勤続22年

調達金額 160,000

名前
t.k
月額給与
32万円
希望金額
200,000円
業種
医療・福祉業
地域
東京
上場・非上場
非上場
医療機器メーカーで営業をしています。

最近自分への投資に目覚め、定年までも時間があまり残されていないことから「何か自分で新しいスキルを身につけよう」と様々な自己啓発セミナー・ビジネス塾に通っています。そんな中で今回、自分が今勤めている会社ではまずお目にかかれないような人脈と繋がるチャンスを得ることに至り、これは是が非でもセミナーに参加しなければならないと感じました。

とはいうものの海外でのセミナー講演ということなので、これはかなりの金額がかかります。そもそもセミナー参加費の他に現地への渡航費がかかるわけです。それに合わせて、もし二次会があればそれにも参加したいわけですから、当然追加で金額がかかります。

カードローンの申し込みで急場をしのごうとは思ったものの、実は過去にカードローンやキャッシングの関係で失敗したことがあり、こういった類の手続きについては家内が非常に敏感なんです。

もし次に勝手な借り入れがバレると、三行半を突きつけられても全く文句は言えない状況でした。かといってこのようなセミナーがあるから海外に参加しに行きたいと伝えたところで到底妻は理解することができません。そこで、私は何か極秘裏に資金調達をする方法がないかと思い情報収集を行いました。

するとどうでしょう。給料ファクタリングというシステムがあるではありませんか!

ファクタリングという資金調達方法があることは知っておりましたが、まさか個人向けの給与ファクタリングが出ているとは。昔から、手形取引のような形で存在するシステムですからその信頼性たるや抜群であります。

そこで、私は給与ファクタリング会社に喜び勇んで連絡を入れ、なんとか自分の給料を現金ができないかと相談してみることにしたのです。

すると本当に肩透かしを食ったようなイメージですが、全く問題なく給与ファクタリングを通すことができ、過去の私の個人信用情報の失敗も全くもって不問に終わりました。そこで私はファクタリング希望金額である20万円のうち、16万円という金額を手にすることになり、これを元手にセミナーに参加することができたというわけです。

今までずっとこのファクタリングシステムが給料所得者にも浸透しないかと思っていたのですが、とうとう今回満を持して給料ファクタリング業者が日本国内にリリースされたというわけですね。

実質的にお財布やその他諸々を奥方様に握られてしまっているという諸兄!ぜひ給料ファクタリングを使って私と同じように夢を掴みとってみませんか?