車の買い替えでカードローンはおろか車のオートローンなども全然通らず…

55歳

勤続36年

調達金額 240,000

名前
k.w
月額給与
48万円
希望金額
300,000円
業種
運送業
地域
近畿
上場・非上場
非上場
運送関係で運転手をしています。若い頃は相当ヤンチャをしていたこともあって、いろいろ職を転々としたりクビになったりしていたのですが最後に行き着いた会社でもう40年近く働かせてもらっています。

その大恩ある会社で働いているので特に不満はないのですが、今回ちょっとしたことで金が必要となり、経理の姉ちゃんに給料の前借りができないかどうか相談してみました。すると40年ほど勤めてきて初めて給料の前借りを相談したにも関わらずけんもほろろに断られてしまい、社長に直談判をしたのですが、毎月困らないだけの給料をやっているのだから、俺を失望させないでくれ、と言われてしまい、さすがに縁のある会社でまた社長にも恩義があるためこれ以上は食い下がることができませんでした。

そもそも、今回金が必要なのは自分の車を買い替えるためであり、生活に困ったから借りるわけではないため、自分の中でもこれ以上会社に迷惑をかけるのはやめようと思ったのです。

また若い頃の失敗のせいでカードローンはおろか車のオートローンなども全然通らず、2時間ほど車屋で粘りましたが車屋の担当者がとうとう音を上げてしまうくらいローンの審査に通ることができず、最後は缶コーヒーもらって帰ってきました。

しかし、男たるもの、一度惚れ込んだ車は絶対に手に入れたいということでいろいろ方法を考えたのですが、自分の中で今回給料ファクタリングを使うのが一番良い方法だと認識しました。

ファクタリングはうちの業界でもよくあるのですが、売掛債権を他の会社に買い取ってもらい、期日到来前に現金化するという方法です。給料もいってみれば債権みたいなもんなので、同じようなシステムがないか探してみたところを普通にありました。しかも、貸金業のようなちょっとトゲトゲしたような感じもないらしく、こちらも物を頼むわけなので低姿勢で電話をしてみましたが、相手先も低姿勢で爽やかな好青年が出てくれたので、気持ちよく取引を進めることができました。

またペコペコ頭を下げて金を借りると言ったことでもなく、堂々と自分の給料債権を売却するということで、精神的なイライラがなかったのが印象です。

結局自分は運送業をやっているため月収の額面だけはそこそこある方なので、24万円という金額を前借りすることができました。これで頭金として、なんとか最終的にローンに通ることができ、自分の欲しかった車を手に入れることができたというわけです。給料ファクタリングの会社さんには大変感謝しています。