給料ファクタリングの簡単申し込みを行ってみる!
  • 手取り月収

  • 買取り希望額(お給料前払いの希望金額)

  • 健康保険

なるほど!給料(個人向け)ファクタリング体験談
月末のデート代を無事資金調達できました

緊急度

67%

大金額必要度

46%

フラレ度合い※資金調達出来なかった場合

95%
男性 24歳 勤続2年 年収360万円
  • 都内の大手ゼネコンで勤務して2年になるSと申します。どうぞよろしくお願いいたします。

    新卒で入社したこの会社で2年働かせて頂き、それまでに一度の昇給を頂いて今では順風満帆な形で仕事をさせて頂いております。

    会社の先輩にも恵まれ、また上司にも恵まれ、さらにはプロジェクトにも恵まれ、仕事の方はかなり順風満帆なのですが・・・私生活の方が最近ちょっとグラついてしまいました。

    今は解決していますが、当時はどうしようかと思いかなりメンタルがやられていました。そんな時に、給料ファクタリングで窮地を救ってもらったのです。

    というのも、大学の後輩だった彼女が留学することになってしまい遠距離恋愛が確定してしまったのです。

    しかも留学先はオーストラリアで、今まではなんとか週に1度や2度は会えていましたが、これからは年に一度会えるかどうかも怪しいレベルでした。

    彼女とは将来のことも考えていたので、なんとか無事に留学から帰ってきてほしいという思いと、留学先で精神的に不安定になったらどうしようという心配がありました。そしてその不安は的中しました。

    ある時、彼女がビデオチャットで今すぐに会いたいっ、会えなかったら別れる!と泣きわめき始めたのです。もちろん、普通に考えればなだめすかして何とか我慢させるのが普通なのですが自分の場合は精神状態的にそうではありませんでした。

    というより、なんとか会いに行かないと直感的にこれは危ないのではないかと思い、なんとか会いに行くことを考えました。しかし、まだ新卒2年目でクレジットカードの枠もそこまで大きいものではなく、現金も手元にそこまでなかったので、海外への渡航費用をなんとか捻出しなければなりませんでした。

    休みそのものについては連休などを上手く組み合わせれば問題なかったのですが、問題はお金でした。親にお金を借りる事も考えましたが、彼女に会いに行くから海外に行く金を貸してくれなどというと、おそらく大問題になって貸してもらえないことが容易に想像されました。

    そこで考えたのが、自分の給料を担保にお金を借りることでした。地元の先輩に自分の通帳と給料明細を差し出して、これを給料日まで預かっていいのでお金を貸して下さいとお願いしたところ、先輩は「そんなことをしなくても俺に頼むよりプロに頼んだほうが良いぞ」と教えてくれました。何のことかと思い話を聞いてみると、給与ファクタリングというサービスでは自分の給料を債権として売却することにより、前借りのような格好でお金を得ることができるということがわかりました。

    いちもにもなく自分は給料ファクタリング会社に申し込みをしました。正直に事情を説明しましたが、親身になって話を聞いてくれて、その心意気を買って少し早めに審査結果をお伝えできるように頑張りますねといってくれました。

    結果的に自分の信用状態とかステータスではなく、勤め先のステータスや信用状態などで判断がなされ、ファクタリングに成功しました。そのお金を元にすぐさま飛行機のチケットを取って彼女に会いに行くことが出来ました。お陰様で今でもラブラブで続いています。
年の離れた弟が事故を起こしてしまい…

緊急度

78%

大金額必要度

98%

切羽詰まり度合い

98%
女性 43歳 勤続22年 年収600万円
  • 金融業界でもう20年ほど働いていますが、この業界に身をおいているという事は、ひとつの宿命を背負っているということに他なりません。つまり、同業他社からお金を借りるということは厳禁!絶対NG!!なのです。会社も上の方でどこと繋がっているかわからないので、うかつに契約して借り入れを増やしてしまうと人事考課の部分でもマイナス要素が出てくることがあり、この部分を恐れてなかなか大口ローンの契約などに踏み出せないという同僚も数多く見てきました。

    ローンで気がひけるというくらいですから、キャッシングやカードローンの類は問題外!というほど厳しい業界でもあります。

    とはいえ、働いていてある程度のお給料を頂いていても突然お金が必要になるケースはゼロではありません。私は今回、歳の離れた弟が交通事故を起こしてしまい、しかもその車が任意保険未加入というとんでもない状態になっていたため、ほぼフルで賠償金額を払わなければならないということになってしまいました。

    年の離れた弟は経済力もなく、また世の中のこともあまり分かっていないような世間知らず的な部分もある子なので、姉である私が助けてあげるほかありません。

    両親は既に他界しており、私が助けなければこの子は天涯孤独になってしまいます。とはいうものの、賠償金額もかなりの金額となっており、保険が使えないとなるともう弟を債務整理させるか私が身銭を切るしかない状況でした。相手方の治療費などのことも考えると最低でも数百万円単位のお金が必要ということで、私の方で出来る限りの賠償を相手様に行い、その上で最終的に債務整理という選択肢を取らせることにしました。

    これについては賛否の分かれるところなのはよく分かっています。でも、弟を救うにはこれしかありませんでした。とはいえ、債務整理をさせるにもお金がかかるもので、様々なことにかかるお金を私が数百万円ほど捻出しましたが、それでもいくらかは足りず、最終的に弟の当面の生活費ということで給料ファクタリングを使うことにしました。

    もちろん、金融業界で働いている私が他の会社さんからカードローンの契約をすることなど到底できませんから、給料ファクタリングしか使えないというわけです。

    この業界にいるので給料ファクタリングというサービスの存在は知っていましたが、実際に使ってみると先入観が大きく崩れました。まず、電話の応対が非常に丁寧。大手カードローンの窓口かと思うぐらい気さくで丁寧な印象でした。それでいて貸金の取引ではなくいわゆる売買契約となるため、スキームについても非常にシンプルで分かりやすかったです。
    手続きも融資の手続きのように何週間もかかるのかと思いきやまさかの即日完了。翌日には弟も拍子抜けした顔でお金を受け取っていましたが、なんとかこれで弟の人生が再スタートできるならと、姉は願うばかりです。
給料(個人向け)ファクタリングとは?

個人さまの為の簡単安全な資金調達方法です!?

給料ファクタリングは誰に迷惑をかけることもなく、即日で自由なお金を手にすることができる方法です。

日本ではあまり給料ファクタリングについて知られてはいませんが、海外ではファクタリングといえば資金調達の方法として広く知られており、昔から使われてきた方法でもあります。
つまり世界的に認められている資金調達の方法がファクタリングというわけです。そのファクタリングを給料所得者に向けて提供しているのが、個人向けファクタリンク(給料ファクタリング)会社というわけです。

誰かに頭を下げてお金を借りるよりも心理的なハードルも低く、それでいてこの後ご紹介するように個人信用情報の件も心配することなく、銀行やカードローンで一度申し込みを断られた方でも資金調達をすることができる方法として昨今大人気です。

お給料の前払い額をチェックする

お勤めならブラックOKでも使える「給料ファクタリング」とは?

お金がないのにも関わらず資金繰りを大至急行わなくてはならない!もはやストレス以外の何者でもありませんよね。

そのストレスを解消することができるのが給料ファクタリングです。

即日でお金を得ることができる方法にはいろいろありますが、特に金欠の時に頼りたい存在が最近話題の「給料ファクタリング」です。給料ファクタリングは近年注目されつつある新しいお金の選択肢ですが、ブラックOKなど、何やら怪しいキーワードで注目されることもあります。そこでここでは、給料ファクタリングについて正しく理解していただくため、分かりやすくご紹介していきます。

給料ファクタリングはお金を借りるわけではない?

はじめにご紹介しておきますが、給料ファクタリングはきちんとした企業が運営している給料ファクタリングを使えば全く怖くありません。スピーディーにカードローンよりもストレスフリーにお金を調達することができますので、具体的な給料ファクタリングの使い方も合わせてここで確認しておきましょう。

給料ファクタリングはお金を借りる、つまり消費者金融などから融資を受けるという方法ではありません。

資金調達の源は、あなたのお給料です。

あなたが働いて会社から受け取る給料。

この給料を受け取る権利そのものを売却することにより、まるで給料の前払いを受けるかのようにして最短即日でお金を受け取ることができるというサービスです。

もう少し詳しく解説しましょう。

実は、あなたが毎月働いて会社からもらっているお給料は、本来であれば毎日給料をもらっていてもおかしい話ではないのです。

なぜなら毎日働いて報酬が発生しているのですから。

それを会社の便宜上・あるいは様々な処理の簡略化のために毎月一度にまとめてお給料をもらっているのです。

このお給料日も、会社のサイクルや資金繰りの関係上契約で決まっているだけのことです。

つまり、あなたは日々お給料を受け取る権利があると共に、お給料日まで会社があなたに支払いをするのを「待ってあげている」状態ということができます。

お給料の前払い額をチェックする

つまり、言葉は非常に悪いですが分かりやすく具体的に解説するなら、あなたは会社に対して債権を持っているという状況なのです。

借金ではないので、気持ち的にも安心ですし、返済で何ヶ月も困ることもありません。

そしてカードローンやキャッシング・クレジットカードのショッピング枠を使ったりキャッシング枠を使ったりすることで、たしかに一時的にお金の悩みが解消するかもしれません。

しかし、その後さらに辛いことが待ち受けているのをご存知でしょう。

そうです、返済です。返済が遅れてしまうとさらにストレス値が高くなってしまいます。

返済が遅れると、クレジットカード会社やカードローン会社から毎日のように電話がかかってきたり、手紙が到着するようになります。

これはあまりにも精神衛生上良くありません。何ヶ月も引っ張ってしまうとそれだけで精神を壊してしまうこともあるのではないでしょうか。

給料ファクタリングは、まずそもそもこの部分から違います。

またそもそも融資ではないので、個人信用情報がブラックでも問題はありません。JICCとCIC、さらに全銀協、もう一つおまけにTCA(携帯電話などの通信料金未払いがある人のリスト)ブラックでも全く問題はないのです。

給料ファクタリングを使用したいがCICやJICCが心配

つまり現在のところ完全に信用情報ブラックで、どこもお金を貸してくれない!最悪の場合はもうミナミの帝王こと萬田銀次郎氏、またはカウカウファイナンスからお金を借りるしかない!!くらいに思っている人でも全く大丈夫です。

現実的な路線で、ミナミの帝王ではなくキャッシングのエ○ワやキャ○ットのようなブラックでもOK・自己破産OKみたいなところにお金を借りようとしても、結局貸金業者からの借り入れとなると個人信用情報の状態によっては貸付が受けられないケースも存在します。そもそも完全無審査で借金ができるのは、いわゆるヤミ金です。

法律の外にいる人たちなので、お金の返済が滞るとどうなるか全く予想もつかないというわけです。

そして、ネット上では闇金からお金を借りると利息の問題で返済が難しくなると言われていますがそれだけではありません。

闇金の場合は返済をしようとしても、そもそも返済させてもらえないケースすら存在します。これにより、利息がどんどん膨らんでいくのです。

また、いざ給料ファクタリングをしようとしていろいろSNSの情報を見てみると個人のアカウントで社名を出さずに「給料ファクタリングに応じます。詳細はDMください」などと書き込みをしているケースがあります。

個人でファクタリングを行なっているサービスには十分注意が必要です

しかし、こういったサービスは利用すべきではありません。なぜなら、きちんと給料ファクタリング会社であることを示していない段階で手数料が尋常でなく高かったり、ひどい場合には、給料ファクタリング会社を装った闇金の可能性もあるからです。
個人で行なっているサービスには十分注意が必要です

基本的に給料ファクタリングは会社が行なっているもので、さらに信頼できる紹介サービスにも加盟している物を選ぶようにする必要があります。

こんな難しいことを考えなくても大丈夫です。今、あなたは給料ファクタリングのサイトを見ているのですから。

こんな難しいことに頭のリソースを割くくらいなら、次のデートはどこに行こうかとか、夕飯は何にしようかとか、飲み会のことだとか、とにかく楽しいことを考えるようにしましょう。

小難しいことを考える必要はありません。なぜならあなたはこれから、給料ファクタリングを利用してお金の悩みを解消するのですから!

会社からお給料を得られている以上は、給料ファクタリングでライトに・気軽に、そして簡単にお金を得ることができます。

お給料の前払い額をチェックする

給料ファクタリングを利用できる条件は?

給料ファクタリングを利用するために必要な条件はいくつかありますがどれも難しいものではありません。

ここでは給料ファクタリングを利用するための「必須条件」をご紹介します。

反対に言ってしまえば、これらの必須条件さえクリアしていれば、どなたでも給料ファクタリングで給料を前払いしてもらうことができるわけです。

信用情報の調査もありませんので、ブラックでも税金滞納中でも、飲み屋のツケがたまっている状態でもOKです。

信用情報の調査もありませんので、ブラックでも税金滞納中でも、飲み屋のツケがたまっている状態でもOKです

また最短即日対応ですので、三日後に彼女との旅行が控えていても、一週間以内に結婚式が連続して続いても、ガチガチにカタい鉄板レースが開催されると分かった時も、給料ファクタリングによりピンチをチャンスに変えることができます。

ここが一番大きいポイントではないでしょうか。税金滞納中や市税滞納中に関しては、個人信用情報に掲載されませんが、自治体から緊急避難的にお金を借りようとしたり、公的機関からの貸付を利用しようとすると税金滞納がNGポイントとなり結局審査に通過できないケースもあります。

その場合は、信用情報の調査は行いません。というより貸金業者とのやりとりではありませんので、そもそも個人信用情報の調査が必要ないのです。これは、CICブラックや全銀協の果てまでオールブラックスになってしまっている人だと特に嬉しいポイントではないでしょうか。

CICやJICCが綺麗でも、様々な事情で全銀協だけ真っ黒になってしまったという方もいらっしゃるのでしょう。こんな場合でも大丈夫です。(※ほとんどのケースでは一つでも個人信用機関が情報ブラックになってしまうとCRINという仕組みで結局バレるのですが)

それでは、給料ファクタリングを利用できる必須条件について確認してみましょう。

(※その他細かい諸条件がファクターから提示される場合もありますが、原則的な条件についてご紹介します)

会社に勤めていること

給料ファクタリングと言っているくらいですから、まずは会社からきちんとお給料が得られていることが条件となります。

毎月のお給料の金額の範囲内で前払いサービスを利用することが可能となりますので、例えば毎月のお給料手取り額が30万円程度の方が、いきなり200万円以上の給与ファクタリングを利用することはできません。

あくまでも利用できるのは、毎月のお給料手取り額が30万円であれば最大でも30万円までです。ほとんどの場合は手取り額での計算となりますが、場合によっては総支給額ベースでの計算になるケースもありますのでここは注意しておきましょう。

日本国内に住んでいて日本国内の会社に勤めていること

日本国内には多くの給料ファクタリング対応業者があり、こういった会社のことをファクターと呼びます。ファクターへの申込みの条件として多くの場合は申込み者ご本人様が日本国内に居住していること、そして日本国内の会社に勤めている事などの条件がありますので、一人だけマルタ共和国に住んでいるとか、事務所が香港だとか、突飛なことでない限りは問題なく申し込みは可能となります。

ちなみに、お金の資金繰りに困ってしまう職業ナンバー1ともいえるのがフリーランスや在宅ワークなどの自営業者の方ではないでしょうか。

ビジネスローンも通らず、かと言って個人向けのクレジットカードやキャッシングについても社長さんという扱いなので審査が通らず、何だったらアパートの入居審査まで通りづらいという状況になることのあるフリーランスですが、こちらは給料ファクタリングではなく、一般的なファクタリングをご利用ください。

フリーランスの方は会社からお給料という形で報酬を得るのではなくて業務委託報酬という形であくまでも売上金を得ているという形に他ならないからです。

お給料の前払い額をチェックする

勤め先が法人化していると安心

多くの場合、従業員を抱える会社さん、つまり働いている方から見て「勤務先」は法人化しています。つまり、株式会社などの名前がついているというわけです。ただし飲食店舗などになると、まれに個人事業主の方の下で働いている従業員という扱いになっていることがあります。

見分け方は簡単です。会社名に株式会社、有限会社、合同会社、社会福祉法人、医療法人社団、財団法人、特定非営利法人などの「法人格」がついているかどうかです。

この場合、ファクタリングに申し込みをしたとしても、給料ファクタリング会社の方で会社が存在するかどうかを確認する方法の選択肢が狭まってしまいます。そのため、出来る限り勤め先が法人化しているということも条件として頭に入れておくとよいでしょう。

給料明細などを提出できること

給料ファクタリングというくらいですから、きちんとお給料がどのくらい入ってきているかを書類で証明する必要があります。そしてこの時ポイントになるのが給料明細などのきちんと給料が入ってきている証明書類です。

きちんと給料が入ってきている証明書類が必要です

この書類がないとそもそも給料ファクタリングをいくらで申し込むべきかという査定ができませんので、必ず用意するようにしてください。勤務先によっては給料明細を出してくれないケースもゼロではありませんが、基本的に給料明細を出すことは会社に義務付けられていることですので、給料明細を出してくれるようにかけあいましょう。

ちなみにボーナスの給料ファクタリングはできません。なぜならお給料はきちんと支払うことが義務付けられている債権であり、給料債権という言葉もあるのですが、ボーナスに関してはその限りではありません。つまり、確実に入ってくる債権で認められているものといえばお給料というわけです。そのためボーナスの額面を期待して給料ファクタリングに申し込むことはできませんのでご注意ください。

幽霊ではないこと

車で事故っちゃって、急にお金が必要になってしまった!とにかく資金調達をしないと!と焦りまくるあまり、もしかしたらご自身がお亡くなりになった事に気づいていないケースもあります。

給料ファクタリング業者は原則的にご存命の実在する方が、実在する会社に勤め、そして実在する給料債権を売却することを条件として給料ファクタリングに応じています。そのためご自身を一度鏡などでご覧頂き、鏡にご自身が映らない場合などについては給与ファクタリングを利用することができません。大変恐縮ですが、その場合は成仏をおすすめします。

(※その他、実在しない勤務先や実在しない給与債権などを給料ファクタリングに申し込むことはできません。こちらは詐欺罪など各種法令に抵触する可能性もございますのでご注意ください)

今すぐ前払いのオンライン申し込みから始めよう

このように給料ファクタリングは、簡単な条件さえクリアしていれば特に信用情報がブラックでも借金持ちでも問題なく給料を前借りするかのようにお金を得ることができます。

お金の悩みは出来る限り早く払拭して、楽しい気持ちになりたいものですよね。もやもやは早いうちに吹き飛ばしておくに限ります。まずは、ファクティパーソナルで給料前払いのオンラインお申し込みから始めてみませんか?

ファクティパーソナルでは24時間365日Webからのオンラインお申し込みに対応しています。

今すぐ申し込んでみましょう

お給料の前払い額をチェックする


給料ファクタリングの簡単お申し込みを行ってみる!

給料ファクタリング(個人向けファクタリング)
メリット・デメリット

会社にお勤めでお給料を支給されている方であれば誰でもご利用頂けます

給料ファクタリングのメリット
  1. 最短1日で現金を得ることが可能
  2. CICやJICCブラックでも利用が可能
  3. 毎月のキャッシュフロー改善に最適
  4. 借金ではない
  5. 世界的に認められている資金調達の方法
  6. 融資ではないため信用情報への登録なし・影響もなし
  7. 赤字決算、債務超過、税金や保険料の滞納があっても利用ができる
  8. 保証人・担保が一切不要
給料ファクタリングのデメリット
  1. 会社へお勤めしていることが必要
  2. 給料の範囲内しか調達できない
  3. 毎月継続的に給与があることが必要
  4. 融資にならない・借入金ではない
  5. 支払いを分割で行う事はできない
手軽に給料ファクタリングの手続きができます

オンラインで簡単な
給料ファクタリング”3 STEP”

パソコンやスマートフォンから
手軽に給料ファクタリングの手続きができます

  • オンライン申し込み
  • お申し込み
  • ファクターより本査定結果&売掛金売買契約
  • 売掛金買取代金のご入金
  • 手取り月収

  • 買取り希望額(お給料前払いの希望金額)

  • 健康保険

給料ファクタリング:よくあるご質問

初めて給料ファクタリングを利用されるお客様から寄せられるご質問

FACTYパーソナルはどのようなサービスですか?
FACTYパーソナルは、給料ファクタリング(個人向けファクタリング)専門のコンシェルジュサービスサイトです。個人向けに資金調達方法をご紹介しております。FACTYへ加盟する売掛金(売掛債権)の買受会社であるファクター(ファクタリング会社)をご紹介する、いわゆるマッチングサービス(一括査定サービス)をご提供しております。個人で自らファクター(ファクタリング会社)を探す際の手間と時間を軽減するため、FACTYでは事業主様の業種や売掛金(売掛債権)の内容を基に最適なファクター(ファクタリング会社)をご紹介しております。
ファクターとはなんですか?
ファクターとは個人が保有する入金前の給料(売掛債権)を、入金日前に買い受ける給料(売掛債権)の買受会社です。一般的にファクタリング会社とも呼びます。FACTYへ加盟するファクター(ファクタリング会社)は、加盟基準をクリアした優良企業のみを厳選し、事業主様の諸状況に合わせて適切なファクター(ファクタリング会社)をご紹介しております。
お申し込みは無料ですか?
完全無料でお手持ちの給料(売掛債権)のお申し込みが行えます。例えば今現在、資金繰りを必要とされていない場合でも、急な資金調達に備えて売掛金(売掛債権)の価値をお調べ頂ければ幸いです。
以前、FACTYパーソナルを利用しましたが、また給料ファクタリングを利用できますか?
FACTYパーソナルをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。FACTYパーソナルは1度だけに限らず、何度でもご利用頂けます。FACTYパーソナルを以前ご利用頂いた際の内容等に変わりがありましたら、ご紹介差し上げるファクター(ファクタリング会社)も以前とは異なるファクター(ファクタリング会社)のご紹介となる場合もございます。
借入やローンとは違うんですか?それと担保や保証人は必要ですか?
給料ファクタリングは貸金業登録が必要な融資手続きやローンとは異なり、商習慣に沿ったサービスや商品の売買と同様になります。給料の入金日前に前渡金としてファクター(ファクタリング会社)が買い取るサービスです。買い取らせて頂いた給料のお支払いについては、売掛先(取引先)からお客様への入金後1回でのご精算となりますので、分割やローンでのお支払いは頂けません。
また、ご利用の際には担保や保証人を立てて頂く必要はございません。万が一にも会社が倒産や入金を滞らせてしまった場合は、ファクター(ファクタリング会社)がその責任を負う「償還請求権の無い」契約(ノンリコース)となりますので、お客様がお支払いを保証する必要もございません。
売掛金を売買すると職場にばれることはありますか?また銀行には知られますか?
2社間取引の売掛金早期資金化(ファクタリング)を行う場合は、売掛先(職場)の承諾なく売買を行えますので売掛先(職場)へ知られることはありません。3社間取引の場合は、売掛先(職場)の承諾が必要となります。また給料(売掛債権)へ譲渡禁止特約が設定されている場合は、売掛先(職場)の承諾を得られませんと買取ができません。
銀行やノンバンクなど金融機関の融資とは異なり、給料(売掛債権)の売買取引となりますので、信用情報機関への登録を行うことはありません。よって給料(売掛債権)の売買が知られることはありません。
3日以内に現金が必要です。入金までどのくらい日数がかかりますか?
売掛金(売掛債権)の早期資金化(ファクタリング)は一般的な金融機関のサービスと比べて、手軽さ・審査の柔軟さ・入金までの早さが大きな特徴となります。資金調達をお急ぎのお客様のご利用が大半を占めますので、お申し込み~ご入金までは最短で「即日~3日程度」で実行しております。遠方のお客様の場合は、出張での買取やオンラインでの買取も行っておりますので、ご状況を詳しくお聞かせ頂ければご状況に応じた最短の手続きを行います。
FACTYパーソナルが給料(売掛債権)を買い取るわけではないんですか?
FACTYパーソナルでは買い取りません。FACTYパーソナルへ加盟するファクター(ファクタリング会社)をご紹介するマッチングサービス(一括査定サービス)となり、いわばコンシェルジュの役割となります。